FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五回「フォーラム・現代東アジア研究」報告

 4月29日、第五回目の「フォーラム・現代東アジア研究」を行った。ゲストは福島原発の関連企業で働いている外国人。内容が内容のため詳細を公開できないのが残念だが、関係各所の了解が得られれば、今後、参加者の報道関係者によって何らかの形で伝えられることになるだろう。

 被災地の状況は今も厳しく、複雑な様相を呈していることを再確認した。今後どのように補償、収束させていくのか、皆目見当がつかない。過度の悲観論は禁物だが、「変化」がどういった形で起こるのか。被災の中心にいた「外」からの視点は、今後の指針に極めて大きな意義を持つと思っている。

(小野登志郎)
スポンサーサイト
最新記事
お申し込み・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。